北殿
きたとの
Kitatono

北殿駅

 対向式ホーム2面2線から成る地平駅で、無人駅を前提とした新しい駅舎が下りホーム中ほどにあります。駅舎の真ん中にマツが生えており、その両脇に待合室が控えるような形になっています。上りホームとの間は、豊橋方にある構内踏切で連絡しています。

 駅の周辺は田園地帯で、駅前には雑貨屋が一軒建っています。南箕輪村の玄関駅ですが、村の中心部からは北東へ大きく離れています。

駅名の由来

 確認中。

歴史

 伊那電車軌道の手によって、1911年11月の木ノ下-御園停留場(現在の田畑と伊那北の中間に位置。1923年11月20日かぎりで廃止)開業時に設置された駅です。当初は「きたどの」でしたが、1963年9月1日に「きたとの」と呼称を変更しています。貨物営業は、1984年1月20日かぎりで廃止。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

【南箕輪郵便局】駅から南西へ、徒歩10分。未訪。

2006年6月3日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.