今も昔も交通の要衝

水窪
みさくぼ
Misakubo

水窪駅

 佐久間ダム建設に伴って新設された新線上に設置された駅のひとつで、「みどりの窓口」のある業務委託駅です。

 駅舎は鉄筋平屋建のシンプルなもので、売店を併設していました。ホームは島式1面2線で、構内踏切にて連絡しています。

水窪駅ホーム

水窪駅ホーム。佐久間と似た配線です。《2007年7月29日撮影》

 駅前はゆったりしたスペースが確保されており、自動車などの回転も楽にできます。ただし路線バスは駅前までは入りません。駅舎前には関所の門のモニュメントがあります。

 水窪の集落は川の対岸(西側)に広がっています。このため、自動車を利用する場合は北側から迂回、徒歩であれば駅脇の吊り橋を利用します。

水窪駅遠景

水窪駅遠景。左側の吊り橋をわたり、中央の階段をのぼって駅にたどりつきます。《2007年7月29日撮影》

 水窪は、信濃と遠江を結ぶ街道の宿場町として栄えた町です。近代に入って鉄道のルートから外れたものの、佐久間ダム建設に伴って鉄道があらたに開通、モータリゼーション進行後は浜松方面への路線バスの連絡拠点として、現在も重要な位置を占めています。浜松市との合併後には水窪地域自治センターが置かれるなど、行政施設もこの地区に集中しています。

 飯田線はこの先で向きを西へ変え、長大な大原トンネルを越えて旧線へと戻っていきます。なお、相月からここまで飯田線と平行してきた国道152号線は、この水窪からしばらく北まではふつうに通ることができますが、その先は青崩峠で不通区間になっています。これは、中央構造線の上に位置する断層のために道路の敷設が困難を極めているためで、大型車以外は狭隘な峠道を迂回して通ることになります。

停車列車 [2009年5月現在]

 すべての列車が停車します。

乗り場

 西側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

 確認中。

歴史

 佐久間ダム建設による飯田線新線開通の際に設置されました。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

2009年9月24日

▲ このページの先頭へ ▲

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2009 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.