斜面に茶畑が並ぶ駅

中井侍
なかいさむらい
Nakaisamurai

中井侍駅

 崖の脇に幅の狭いホームが設けられている駅です。V字谷の斜面にかなり無理をして駅を設置したもので、田本千代と似たようなつくりになっています。

 ホーム上には簡素な待合スペースがあるのみで、駅舎などはありません。

中井侍駅ホーム

中井侍駅ホーム。《2007年7月29日撮影》

 出口は駅の北側と南側にあり、いずれも急斜面を登ります。北側を出ると、コンクリート舗装の急坂となり、これを登り切ると交差点に出ます。いっぽう南側からは、駅に隣接する農家の脇を通り、アスファルト舗装の道路に出ることができます。

中井侍駅を上から望む

中井侍駅を上から望む。《2007年7月29日撮影》

 近くには天竜川がとうとうと流れているのですが、対岸にある水力発電所と思われる水流の音が耳に響きます。駅周辺の急斜面は茶畑として利用されており、駅の上のほうから天竜川をのぞくと、丸長の茶の木が並ぶのが見えます。

 この先の伊那小沢までの区間は、地殻変動によってトンネルが崩落する危険があったため、1975年9月に新しいトンネルを掘削し、新線へ移動しています。列車に乗っているだけではよくわかりませんが、この地域の地質がいかに厳しいかがわかります。

停車列車 [2009年5月現在]

 特急は停車しません。

駅名の由来

 確認中。

歴史

 三信鉄道開通の際に設置されました。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

2009年9月25日

▲ このページの先頭へ ▲

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2009 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.