坂の途中に設置されている駅

大海
おおみ
Omi

大海駅

 築堤上に、対向式ホーム2面2線が設けられている駅で、上下ホームは構内踏切で連絡しています。かつては2面3線でしたが、現在は外側線は留置線となっています。

 1969年に改築された駅舎は下りホーム側にあり、横に長い鉄筋鉄骨平屋建てのものです。現在は無人化されており、しっかりした駅事務室の入口には蜘蛛の巣が見られました。ホームおよび駅改札は地面よりやや高いところにあるため、階段を下りて駅前広場へ向かう格好になります。

大海駅ホーム

雨の大海駅。無機質な駅舎に寂しさがつのります。《2005年8月21日撮影》

 もと、豊川鉄道と鳳来寺鉄道の接続駅でしたが、現在では単なる中間駅となっています。かつて日本セメントへの専用線が分岐していましたが、現在では貨物扱いはありません。

 新城市の最東部に位置しており、新城総合公園の最寄り駅となっています。

停車列車 [2009年5月現在]

 特急は停車しません。

乗り場

 駅本屋(北側)から順に、1番線、2番線となります。

歴史

 新城から延長された豊川鉄道が、この大海まで1900年9月に開通し、同鉄道が全線開業しています。1903年3月15日には、「長篠」と改称されています。その後、1923年2月1日に鳳来寺鉄道が長篠-三河川合を一気に開通させました。豊川鉄道と鳳来寺鉄道が国有化された1943年8月1日、駅開業当時の「大海」にその名を戻しています。

周辺の見どころ

新城総合公園【未訪】

 コメント準備中。

2005年9月7日
2009年9月17日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2009 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.