トンネルに挟まれた山峡の駅

大嵐
おおぞれ
Ozore

大嵐駅

 水窪の先で、飯田線最長の大原トンネルを越えると、飯田線はふたたび天竜川の近くに戻り、大嵐駅に到着します。

 島式ホーム1面2線から成る駅で、駅本屋との間は構内踏切で連絡しています。この駅も佐久間ダム建設の際に若干移動していますが、基本的にここから旧線に復します。

 駅舎は無人駅仕様ですが、これは旧富山村が建てたものです。大半のスペースを待合室に宛て、飯田線や地元に関する写真を多く掲示しており、単なる待合室ではなく、地元住民のサロンスペースとして利用できるようになっています。壁面が少なく窓が大きいため採光がよく、鉄筋ながら内装には木材を多用しているため暖かみがあります。

大嵐駅駅舎内

大嵐駅駅舎内。《2007年7月29日撮影》

 駅のホームはやや細めで、列車交換が可能です。また、側線が1本用意されています。ホームには花壇があり、色とりどりの花が地元の人によって育てられています。

大嵐駅ホーム

大嵐駅ホーム。《2007年7月29日撮影》

 駅前には農家が一軒あるのみで、旧富山村の中心は天竜川の対岸、駅から800メートルほど西のところにあります。合併前は、離島を除いて日本一人口の少ない市町村として知られていた同村との間には、シャトルバスが運行されています。

停車列車 [2009年5月現在]

 特急は停車しません。

乗り場

 西側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

 「ソレ/ソリ」の名称は焼畑をした土地に使われていたことから、大規模な焼畑農業が行われていた地域であったと推測されます。

歴史

 三信鉄道開通の際に設置されました。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

その他

2009年9月24日

▲ このページの先頭へ ▲

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2009 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.