吊り橋が対岸と駅とを結ぶ

為栗
してぐり
Shiteguri

為栗駅

 大きくカーブを描いているところに設けられている、片面ホームのみの駅です。利用客がごく少ないため、普通列車の一部は通過します。

 駅舎は撤去されており、ホーム上の待合室が目印となっています。駅前スペースとホームの間にはスロープが整備されています。

為栗駅駅前

駅舎は撤去されており、跡形もありません。《2005年8月21日撮影》

 ホームの辰野方面山側に農家が1軒あり、線路を挟んで反対側にある小さな畑を耕しているようです。このほかにも数戸の民家があるようですが、私が下車したときには雨が激しく、不用意に歩くのは危険だったため、詳細は不明です。

吊り橋

南東側に、大きな吊り橋が見えます。《2005年8月21日撮影》

 天竜川と万古川が合流する地点にあり、キャンプやハイキングなどで訪れる利用客もいるようです。また最近では、平岡までいたるウォーキングコースの起点として利用されています。

停車列車 [2009年5月現在]

 特急は停車しません。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 1936年8月、停留場として設置されました。国有化された1943年8月1日に停車場となりましたが、この当時は、飯田線およびその周辺区間のみを旅客の取扱区間としていました。1952年12月2日にこの営業範囲制限は廃止されましたが、古くから小駅としての扱いでした。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

2005年9月7日

▲ このページの先頭へ ▲

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2009 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.