鶯巣駅
▲鶯巣駅ホーム《2007年7月28日撮影》

鶯巣駅出口方向

【写真1】鶯巣駅出口方向。線路右手正面の道路を直進すると、鶯巣の集落に出ます。《2007年7月28日撮影》

片面ホームのみの棒線駅です。プレハブの簡素な待合室があるのみで、駅舎はありません。

カーブを描いたホームは比較的幅が広いものですが、ホームの端のほうは舗装が甘くなっていて草むしており、特に辰野方には集落の鎮守と思われる神社と溶け込んでしまい、その境界がわかりにくくなっています。線路が上り勾配になっている途中にホームが設置されているため、少し傾いています。

駅前には一般の道路が通っており、ここから民家が並ぶ中を天竜川方面へ下っていくと、鶯巣集落の中心部に出ます。集落中心部にある路線バスの待合所には座布団が置かれており、飯田線の待合室にくらべてずっと居心地がよさそうでした。

 

停車列車 [2009年5月現在]

特急は停車しません。

駅名の由来

ウグイスの声が聞こえる谷ということで、美称を用いた地名でしょう。

歴史

三信鉄道開通の際に設置されました。

周辺の見どころ

コメント準備中。

2009年9月27日

▲ このページの先頭へ ▲