西富士宮
にしふじのみや
Nishifujinomiya

西富士宮駅

 島式ホーム1面2線の地平駅で、ホームの東側にある駅舎とは跨線橋で連絡しています。身延線南部を走る区間普通列車は、この西富士宮で折り返しとなるため、構内の留置線には多くの普通列車が滞留しています。このためにぎやかな駅になっていますが、特急「ふじかわ」は通過します。

 駅舎は木造の小ぶりなものですが、有人駅で「みどりの窓口」が設置されています。駅前にはロータリーが整備されており、駅から東へまっすぐ延びる道路を進むと、浅間大社に到着します。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 1927年7月、大宮町(現、富士宮)-芝川の中間駅として開業しました。当初は「大宮西町」と称しましたが、隣駅の大宮町が富士宮と改称するのにあわせ、1941年10月1日に現在の「西富士宮」と改称しています。貨物営業は1960年7月9日かぎりで廃止されています。

周辺の見どころ

浅間大社

 駅から東へ、徒歩8分。コメント準備中。

【富士宮貴船郵便局】駅から北東へ、徒歩2分。1994年4月6日訪問。
【富士宮宮町郵便局】駅から東へ、徒歩8分。1994年4月6日訪問。

2006年1月12日、加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.