池の浦シーサイド
いけのうらしーさいど
Ikenouraseaside

池の浦シーサイド駅

 池の浦海水浴場へのアクセス拠点として設置された臨時乗降場です。海水浴やキャンプなどの利用客にターゲットを絞っており、夏季のみの営業となっています。

 ホームは片面1面1線のみで、海側に細いホームが設置されています。駅舎はもちろん、屋根も何もない駅です。駅名標と並んで、JR東海標準型の時刻表がありましたが、プリンタで打ち出されただけの紙に時刻と日付が書かれているというしろものでした。シーズンごとに紙を張り替えるだけで済ませているようです。

池の浦シーサイド駅ホーム

片面ホームのすぐ下が海。撮影時は干潮だったとみえて、干上がっておりました。《2005年7月23日撮影》

 ホームから階段を下りて地上に出ると、簡素なベンチと、売店風の小さな建物がありましたが、この建物はシャッターを閉めたままになっていました。オンシーズンだからこそ臨時乗降場に列車が停車するはずなのですが、下車した私以外には人の気配がまるでなし。天候が今ひとつよろしくなかったのも確かですが、繁忙期であっても人など配置しないようになってしまったのでしょうか。

 駅を出ても、すぐ目の前が海水浴場というわけではないようで、駅のすぐ近くにあるのはただの廃屋です。池の浦海水浴場は、ホームから海を挟んで反対側に見えるホテルの、さらに奥になります。

池の浦シーサイド駅前

駅を降りると海………なのですが、廃屋があるだけで何もなし。いくら悪天候とはいえ、人の気配以前に、人が遊んだ気配さえないというのは寂しいかぎりです。《2005年7月23日撮影》

駅名の由来

 確認中。

歴史

 1989年に、7月16日から8月31日まで営業する臨時駅として開設されました。このときは当該期間のみの駅でしたが、翌1990年からは、常設の臨時乗降場となっています。営業を行う期間は年度によって異なりますが、春期に営業していた時期もありました。

周辺の見どころ

マコンデ美術館【未訪】

 駅から西へ、徒歩3分。コメント準備中。

【URL】http://www2.ocn.ne.jp/%7Emakonde/

(駅周辺には郵便局なし)

2005年8月16日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.