飛騨宮田
ひだみやだ
Hidamiyada

飛騨宮田駅

 戦後になってから住民の陳情で設置された、比較的新しい駅です。片面ホームのみの無人駅で、駅舎は存在せず、待合室と呼べるかどうか微妙な屋根が設置されているのみです。JR東海エリアの高山本線では、杉崎と並び、列車交換ができない数少ない駅となっています。

飛騨宮田駅ホーム

平地にまっすぐのホームが延びています。《2005年10月21日撮影》

 駅前からは細い道路がまっすぐ延び、小学校などが立地する集落へと通じています。駅入口の脇に、駅設置の功労者に関する説明書きが立っています。

駅名の由来

 確認中。

歴史

 特記事項なし。

周辺の見どころ

 特になし。

【飛騨宮田簡易郵便局】駅から南西へ、徒歩4分。2005年10月21日訪問。

2006年1月26日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.