飛騨小坂
ひだおさか
Hidaosaka

飛騨小坂駅

 島式ホーム1面2線から成る駅で、このほか北側(猪谷方面向かって左側)には外側線とホーム跡がありますが、現在では使われることなく打ち捨てられています。特急「(ワイドビュー)ひだ」の一部が停車しますが、集改札は行われておらず、駅事務室で簡易委託が行われています。駅本屋との間は地下道で連絡しています。

 駅舎は、丸太を組み合わせてつくられた山小屋風のもので、中央本線の大月駅を思い起こさせます。森林資源の搬出で栄えたほか、登山客が多いことを意識したデザインになっているのでしょう。また、御嶽山を意識したのか、正面には千木が載っており、ログハウスなのか拝殿なのかよくわからない建物と化しているのが楽しい。ホームの待合室も同様のつくりになっています。

飛騨小坂駅ホーム待合室

待合室までしっかりした丸太造りです。《2005年10月21日撮影》

 駅は旧小坂町の玄関口にあたります。駅正面には「歓迎 御嶽小坂温泉郷」と書かれたゲートが設けられていますが、観光客の姿は見られませんでした。

歴史

 高山線として、1933年8月に飛騨萩原から延長する形で開業しました。この飛騨小坂から坂上までが、最後に開通した区間です(全通は1934年10月25日)。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

その他

【小坂郵便局】駅正面を進み、徒歩2分。2005年10月21日訪問。

2006年1月26日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.