だんだん豊田市の中心部へ

上挙母

うわごろも
Uwagoromo
上挙母駅
▲上挙母駅駅舎《2008年1月27日撮影》
上挙母駅駅舎内
【写真1】上挙母駅駅舎内。《2008年1月27日撮影》

豊田市の南側郊外に設けられている駅です。駅集中管理システムによって遠隔管理されている無人駅ですが(管理駅は豊田市)、現在でも古い木造駅舎がそのまま使われています。駅集中管理システムの導入に伴って、パターン化された無人駅仕様の駅舎が増えているだけに、これはうれしいところ。

駅舎そのものが大きいだけに、板貼りになったかつての窓口部分の存在感が妙にあり、取って付けたような印象のある自動改札機が完全に浮いています。

上挙母駅ホームより駅舎を望む
【写真2】上挙母駅ホームより駅舎を望む。《2008年1月27日撮影》

島式ホーム1面2線から成る駅で、ホーム北端から西側へと構内踏切があり、これが駅本屋へつながっています。ゆるやかなスロープの向こう側に木造駅舎がたたずむ姿は、かつて日本全国で見られたローカル私鉄らしいたたずまいですが、今では残り少なくなってきました。

ホーム中央には、翼を広げたような屋根が設けられています。東側には、かつて側線があったと思われる空間が広がっていました。

上挙母駅ホーム
【写真3】上挙母駅ホーム。《2008年1月27日撮影》

駅舎は切妻の瓦屋根をいただく立派なものです。外壁がサッシで覆われているのがやや残念ではありますが、防犯面を考慮するといたしかたないでしょう。

駅の西側には古くからの民家が多く、工業都市になる以前の挙母の街並みが残っています。いっぽう駅の東側は、マンションなどが建ち並ぶ住宅地になっています。愛知環状鉄道新上挙母駅が西へ400mほどの位置にありますが、ひとつ北の名鉄豊田市愛環新豊田で乗り換えるほうが便利です。

乗り場

西側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

挙母は、古くは『古事記』に「許呂母之別」と書かれており、また『和名類聚抄』には挙母郷の名が出てくるという古い地名です。「上」は挙母の中心部がこの地方よりやや北側にあったため、それを区別するために付されたものでしょう。

歴史

三河鉄道によって設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【三河線】 碧南碧南中央新川町北新川高浜港三河高浜吉浜小垣江刈谷市刈谷重原知立三河知立三河八橋若林竹村土橋上挙母豊田市梅坪越戸平戸橋猿投

2010年3月21日

▲ このページの先頭へ ▲