東枇杷島駅外観
▲東枇杷島駅外観《2008年1月26日撮影》

東枇杷島駅改札口

【写真1】東枇杷島駅改札口。《2008年1月26日撮影》

名古屋本線(岐阜・津島方面系統)と犬山線(犬山方面系統)が分岐する直前にある駅です。もっとも、駅そのものは単純な相対2面2線の中間駅仕様であり、また普通列車(名古屋本線は日中30分間隔)しか停車しないこともあって、乗り換え客利用は多くないようです。なお、名古屋本線と犬山線の正式な分岐点は「枇杷島分岐点」で、名古屋本線の岐阜方面と犬山線の犬山方面を乗り換える場合の運賃計算は枇杷島分岐点経由で行われ、枇杷島分岐点から先の区間外については運賃徴収対象外となっています(枇杷島分岐点についての詳細は、西枇杷島駅「ミニコラム」を参照のこと)。

 

東枇杷島駅改札内通路

【写真2】東枇杷島駅改札内通路。《2008年1月26日撮影》

ホームは高架上にあり、階段を伝って南東側の地上にある改札へ通じる構造になっています。駅改札は駅集中管理システム導入に伴って自動化され(管理駅は神宮前)、平日の朝ラッシュ時を除いて基本的に無人となっています。

駅の出入口は県道脇にあり、駅舎は高架下にあるものの玄関部分は隣接するビルの1階に入るという、珍しいスタイルになっています。

 

東枇杷島駅ホーム

【写真3】東枇杷島駅ホーム。《2008年1月26日撮影》

ホームは相対式2面2線ですが、ホーム上屋支柱がかなり古いほか、舗装のひび割れや鉄柵の赤さびなどが目立ちます。改札周りも汚れが目立ち、無人化された名鉄各駅に見られることですが、薄暗いゆえの不気味さがあり、慣れない人が気軽に使える環境とは言い難いのが残念です。

駅の周辺には住宅が密集しており、雑居ビルとアパート、マンションなどがびっしり建ち並ぶさまがホームからよく見えます。この東枇杷島駅自体は完全な直線になっていますが、名古屋方、枇杷島分岐点方のいずれも駅の先で急カーブになっているため、通過列車は速度を落として進みます。

 

停車列車 [2010年3月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

番線表示は未確認。

駅名の由来

確認中。

歴史

もとは押切町を起点としていた名古屋電気鉄道の中間駅として設けられ、現在枇杷島公園がある位置のやや北側に置かれました。名岐と愛電の合併に伴い、両区間を結ぶ連絡線が建設されると、そのルートは西側へ移るようになり、1941年8月の新名古屋(現、名鉄名古屋)-枇杷島橋(現在は廃止)開通に伴って押切町-枇杷島橋が廃止となりました。中間駅のうち平野町駅は廃止、東枇杷島駅は新線上に移転して営業を行うことになり、これが現在の東枇杷島駅です。なお、このページでは東枇杷島駅開業日について、この新線上の駅開業日をもって表記しています。

周辺の見どころ

特になし。

2010年3月16日

▲ このページの先頭へ ▲