尾張瀬戸駅
▲尾張瀬戸駅駅舎《2008年1月27日撮影》

尾張瀬戸駅改札口

【写真1】尾張瀬戸駅改札口。《2008年1月27日撮影》

名鉄瀬戸線の終着駅は、頭端式の地平駅になっています。とはいっても、島式ホーム1面2線なので、ホームは櫛形にはなっておらず、地方私鉄の終端といった雰囲気があります。このほか、側線が2本あります。

現在の駅舎は登り窯をデザインしたイメージで、かつての駅舎より150メートルほど東側に移設されています。

 

尾張瀬戸旧駅舎

【写真2】尾張瀬戸旧駅舎。《1994年3月2日撮影》

瀬戸電気時代からの旧駅舎は、アールデコ調の白い円筒形をした印象的なもので、アーチ型の窓を随所に配するなど、大正時代の洋館を思わせるしゃれたものでした。名鉄にとどまらず全国的にも稀少なスタイルの駅舎だっただけに、これを改築してしまったのはかえすがえすも残念です。

 

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

2010年3月28日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲