独特の庇が印象的

木田

きだ
Kida
木田駅駅舎
▲木田駅駅舎《2008年1月26日撮影》
木田駅ホーム
【写真1】木田駅ホーム。《2008年1月26日撮影》

旧三和町の玄関口にあたる駅です。

相対式ホーム2面2線から成る地平駅で、駅員が常駐しています。北側にホームから少し離れて駅本屋があり、下りホームとの間は跨線橋で連絡しています。下りホームの中ほどにはコンクリート造りのしっかりした待合スペースがありますが、これを取り囲むように比較的簡素な上屋が設置され、どのように屋根が延びていったかがうかがえます。いっぽう、上りホームにはテントで使うフェルトのような生地が屋根に用いられています。

木田駅駅舎内
【写真2】木田駅駅舎内。《2008年1月26日撮影》

駅舎は木造モルタル平屋建てです。屋根はオーソドックスな切妻ですが、この屋根と平行に庇が設けられているのが特徴です。駅名を記した表示が玄関部分を覆っているためインパクトに欠けるのが残念ですが、まるで二重屋根のように見えます。もっとも、実際に駅舎の中に入ると、天井さえなく屋根がそのまま見られるシンプルな形状であることがすぐにわかります。

駅前にはタクシーの営業所が設けられており、商店街につながっています。駅の北側は商業地区で、個人商店が多く並んでいます。いっぽう南側には集合住宅も多く見られ、南側に出口を設置する動きもあるようです。

停車列車 [2010年3月現在]

特急以下、すべての列車が停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

周辺の見どころ

確認中。

【津島線】 須ヶ口甚目寺七宝木田青塚勝幡藤浪津島

2010年3月24日

▲ このページの先頭へ ▲