備中高梁 【未乗降】

びっちゅうたかはし Bitchutakahashi

 写真準備中 

 

2015年4月に供用開始となった橋上駅舎は鉄骨2階建て、延べ床面積425平方メートル。総事業費は約11億円で、高梁市が約9億6,000万円を負担し、うち4割は国の交付金を活用しました[1]

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1926年6月20日
開業。
2015年4月11日
新橋上駅舎供用開始[2]
2015年3月14日
この日のダイヤ改正により、寝台特急「サンライズ出雲」が停車[3]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 産経新聞・岡山「高梁市の顔「市庁舎」「JR備中高梁駅新駅舎」相次ぎ完成」(2015年4月3日)。
  2. JR西日本プレスリリース「伯備線 備中高梁駅橋上駅舎の供用開始について」 (2015年3月30日)。
  3. JR西日本岡山支社プレスリリース「平成27年春ダイヤ改正について」[PDF] (2014年12月19日)。

このページの先頭へ