武家屋敷と桜で名高い秋田の小京都はこちらです

角館

かくのだて
Kakunodate
角館駅
▲角館駅駅舎《2011年11月19日撮影》
角館駅ホーム
【写真1】角館駅ホーム。《2011年11月19日撮影》

小京都とも呼ばれる古い街並みや武家屋敷が多く残っている角館の玄関駅は、地平ホーム2面3線から成り、秋田新幹線の大半の便が停車します。

北側の上りホームに面して地平の駅舎が建っており、島式ホームとの間は跨線橋で連絡しています。島式ホームには待合室が設けられており、早めに構内に入って列車を待つことも可能です。

角館駅改札口
【写真2】角館駅改札口(ホーム側より撮影)。《2011年11月19日撮影》

秋田新幹線開業後に駅舎がリニューアルされました。以前から、武家屋敷の門構えを模したといわれ入母屋屋根を配してはいましたが、リニューアル後は白壁とのコントラストを強くする黒い柱と屋根に変わり、また駅名表示が灯籠を用いたものに変わっています。

改札口には自動改札機は設置されていませんが、「モバイルSuica」での乗降のために簡易型Suica改札機が設けられています。駅舎内には「みどりの窓口」や待合室があるほか、かなり広いスペースをコンビニが占めています。

秋田新幹線開通以前の角館駅
【写真3】秋田新幹線開通以前の角館駅。《1994年9月3日撮影》

ここで分岐している秋田内陸縦貫鉄道のホームはJRホームからも見えますが、乗り換えの際にはいったん改札を出て右手に進み、秋田内陸線の改札口を入ることになります。

駅前はかなり大きいスペースが駅前広場として整備されています。

停車列車 [2012年1月現在]

秋田新幹線「こまち」の大半の便が停車します(1日1往復が通過)。

乗り場

北側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

その他

【田沢湖線】 盛岡大釜小岩井雫石春木場赤渕田沢湖刺巻神代生田角館鶯野羽後長野鑓見内羽後四ツ屋北大曲大曲

《乗り換え》秋田内陸縦貫鉄道

2012年1月21日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲