由利高原鉄道が分岐

羽後本荘

うごほんじょう Ugohonjo
羽後本荘駅
▲羽後本荘駅駅舎《2012年10月21日撮影》

 

羽後本荘駅ホーム
【写真1】羽後本荘駅ホーム。《2012年10月21日撮影》

由利本荘市の玄関口にあたる駅で、羽越本線と、第3セクターの由利高原鉄道が分岐する駅です。島式ホーム2面4線から成り、このうち一番東側の乗り場は由利高原鉄道が使用、残りの2面3線をJRが使用しています。駅本屋は西側地平にあり、ホームとの間は跨線橋で連絡しています。

 

羽後本荘駅JR改札口
【写真2】羽後本荘駅JR改札口。自動改札機が入っています。《2012年10月20日撮影》

改札口には自動改札機が導入されています。「みどりの窓口」のほかにびゅうプラザもあり、地域の営業拠点としての設備を整えています。

なお、由利高原鉄道の出札窓口兼改札口は、駅舎内の別の位置に設けられています。構内に入ってしまえば中間改札などはないため、乗り換えの際には、特に意識することなくそのまま次の列車に乗ることになります。

 

羽後本荘駅待合室
【写真3】羽後本荘駅待合室。《2012年10月20日撮影》

冬の寒さが厳しい地域であることもあって、コンコースからさらに扉で仕切られた待合室が用意されています。列車の利用客用の設備ですが、実際には地元住民が待ち合わせや送迎待ちなどに利用するケースも多いようです。待合室の奥にはキヨスクがあります。

 

羽後本荘駅外観
【写真4】羽後本荘駅外観。《2012年10月20日撮影》

駅舎は鉄筋平屋建てのようですが、正面から向かって左側の事務室部分は2階建てになっているかもしれません(未確認)。直線を組み合わせつつも傾斜をも織り交ぜた、いささか実験的なデザインになっています。軒が大きく、また幅広に設けられているため、雨天の際にも移動が容易になっています。

 

羽後本荘駅駅前広場
【写真5】羽後本荘駅駅前広場。《2012年10月20日撮影》

駅前広場はロータリーになっており、タクシーが常駐しています。本荘の中心部は駅から少し西へ進んだところにあり、駅前自体は比較的静かです。

新聞報道によると、東西自由通路を併設した橋上駅舎に改築され、東口に駅前広場が整備される予定とのことです[1]

停車列車 [2017年5月現在]

特急「いなほ」が停車します。

乗り場

西側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。4番線は由利高原鉄道が使用しています。

  • 1.羽越本線下り 秋田方面
  • 2.羽越本線上り 酒田、新潟方面
  • 3.羽越本線下り 秋田方面/羽越本線上り 酒田、新潟方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1922年6月30日
国有鉄道(鉄道省)陸羽西線の象潟-羽後本荘間が開業し、羽後本荘駅開業。
1922年10月16日
国有鉄道(鉄道省)陸羽西線の羽後本荘-羽後岩谷間が開業し、中間駅となります。
1985年10月1日
国鉄矢島線(羽後本荘-矢島間、第1次特定地方交通線)が由利高原鉄道に転換、接続駅となります。
1986年10月31日
この日かぎりで貨物営業廃止、秋田操車場(現、秋田貨物駅)に集約。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

その他

  • 「東北の駅百選」(国土交通省東北運輸局)選定駅。
  1. 秋田魁新報「羽後本荘駅、東西通路の設計着手へ 駅舎建て替え、東口に広場も」(2016年2月23日)。

このページの先頭へ