亀戸
かめいど
Kameido

亀戸駅

 1面2線の島式ホームから成る地平駅で、頭端式になっています。改札は1個所のみで、ホームから緩やかな傾斜を下りてすぐのところにあります。

 改札を出ると両脇にコーヒーショップやショッピング街が並んでおり、これを通り抜けると左手にJR総武線の亀戸駅、右手にバスターミナルとなっています。歴史的には、東武線のターミナルとしての役割を担った時代もある同駅ですが、現在では総武線との連絡線もなくなっており、単純な支線の乗換駅としての地位に落ち着いています。

乗り場

 確認中。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 東武鉄道から、当時東武系だった総武鉄道へ接続するための駅として、1904年4月に開業しました。

周辺の見どころ

 JR東日本-総武本線:亀戸駅を参照のこと。

《乗り換え》JR東日本-総武本線(徒歩2分)

(郵便局は、JR東日本-総武本線:亀戸駅を参照のこと)

2005年10月11日、写真を追加のうえ加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.