繁華街の影に隠れるように

豊水すすきの

ほうすいすすきの Hosuisusukino
豊水すすきの駅
▲豊水すすきの駅3番出口《2012年2月11日撮影》

コンコースも南北線とは離れています

南北線すすきの駅の東側に位置する駅ですが、さっぽろ、大通の両駅とは異なり完全に別の駅という扱いになっており、運賃計算上の乗換駅にはなっておらず、また乗り換えの案内も行われていません。

北海道随一の繁華街として名高い薄野地区にある駅のひとつですが、繁華街になっている札幌駅前通から2ブロック西にずれているため、ホテル、病院、事務所の入るビルなどが密集する地域となっています。

コンコースは地下1階にあり、線路と平行して細長い通路が設けられ、これに垂直に改札口が置かれ、そのワンフロア下に島式ホーム1面2線があるという、地下鉄では典型的ともいえる構造になっています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

地下鉄東豊線が最初に開業した際に設置された駅です。

1988年12月2日
札幌市営地下鉄東豊線の栄町-豊水すすきの間が開業した際、北13条東駅開業。
1994年10月14日
東豊線の豊水すすきの-福住間が開業、中間駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ