泊駅の情報、写真、印象記(三重県:近鉄-内部線)

ここで上下列車が行き違い

泊 【廃止】

とまり Tomari
  • 内部線
  • 《近鉄四日市方面》 南日永   追分 《内部方面》
  • ※隣接駅名は路線廃止直前のものです。
泊駅
▲泊駅駅舎《2011年9月17日撮影》

本記事は、近鉄当時に訪問した際の情報を基に記載しています。新しい情報については、 あすなろう四日市鉄道 > 内部線 > 泊駅 をご覧ください。

 

泊駅ホーム
【写真1】泊駅ホーム。《2011年9月17日撮影》

泊駅は、島式ホーム1面2線が設けられている地平駅です。泊駅の発車時刻表を見ると、上下とも同時刻発車の便が非常に多くなっています。すなわち、基本的にここで上下列車の行き違いが行われています(行き違いは日永駅でも可能)。なお、列車は右側に進入します。

 

泊駅駅舎内
【写真2】泊駅駅舎内。《2011年9月17日撮影》

ホームの内部方に構内踏切があり、小ぶりな木造駅舎との間を結んでいます。駅舎には有人当時の面影を残す窓口がありますが、建物が小さいことを示すかのように、出札窓口が三角形に突出した形状になっているのが目を引きます。現在では無人化され、自動券売機とインターホンが設置されています。

 

泊駅駅前
【写真3】泊駅駅前。《2011年9月17日撮影》

駅周辺には住宅や商店が密集しており、人通りもかなり多い地域です。もっとも、JR南四日市駅が近くにあり、名古屋方面へは本数こそ少ないもののこちらのほうが速くて安いため、必ずしも駅勢人口が利用者につながっているわけではないようです。

乗り場

東側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.内部線上り 近鉄四日市方面
  • 2.内部線下り 内部方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1922年1月10日
三重鉄道の日永-小古曽間が開業した際、南日永駅開業。
1944年2月11日
三重鉄道が三重交通に合併、三重交通の駅となります。
1964年2月11日
三重鉄道の鉄道部門が三重電気鉄道として分社化、三重電気鉄道の駅となります。
1965年4月1日
三重電気鉄道が近鉄に合併、近鉄内部線の駅となります。

このページの先頭へ