大きい駅前スペースがわびしい

額田

ぬかだ Nukada
額田駅
▲額田駅駅舎《2004年3月28日撮影》

STATION PROFILE

ホームはしっかりしています

額田駅ホーム
【写真1】短いながらもしっかりしたホームが残り、その上に、ちょこんと簡素な駅舎が建てられています。《2004年3月28日撮影》

ごく簡素な駅舎を持つ、1面1線の無人駅。以前は立派な駅舎が建っていたと思われる土台が露出しているのがわびしい。

駅前には広いスペースが

額田駅入口
【写真2】平行する道路から額田駅への入り口を見る図。右側の商店は営業しているのかどうか判然とせず、駅前広場は完全に遊休地と化していました。《2004年3月28日撮影》

駅そのものは小さいものの駅前広場は広く、駅舎前には広大なスペースが広がっています。その一方で、このスペースは舗装されずほとんど遊休地と化しており、鉄道に平行する道路からは駅の存在が非常にわかりにくいなど、今となっては、逆に存在感の低下を示しているようにさえ見えます。

駅周辺には雑木林が多い。

駅名の由来

確認中。

歴史

水戸鉄道の駅として開業。1927年12月1日に国有化されています。当初は一般駅でしたが、貨物扱いは1962年11月19日かぎりで廃止されました。

  • 【1897年11月16日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2004年8月25日

このページの先頭へ