倉敷市駅
▲倉敷市駅駅舎正面《2007年8月5日撮影》

倉敷市駅をJR倉敷駅南口より望む

【写真1】倉敷市駅をJR倉敷駅南口より望む。《2007年8月5日撮影》

水島臨海鉄道の起点である倉敷市駅は、JR倉敷駅の南西側、少し離れたところに設けられています。JR倉敷駅の南側にはペデストリアンデッキが伸びていますが、倉敷市駅とは直結しておらず、いったん地上におりる必要があります。

駅舎は鉄骨造4階建て(地上3階地下1階)ですが、駅本屋として使用されているのは1階部分のみで、残りは自転車の駐輪場として使われています。JR駅側から見ると「水島臨海鉄道のりば」と大書されているため場所ははっきりとわかりますが、入口がいささかわかりずらくなっています。

 

倉敷市駅ホーム

【写真2】倉敷市駅ホーム。《2007年8月5日撮影》

駅舎に入ると小ぶりな待合室と窓口があります。自動券売機も置かれている有人駅で、改札は1個所のみとなっています。このため、水島方面からの列車が到着すると、下車客でいっぱいになります。

ホームは片面のみで、北側のみが空いているため、いささか暗くなっています。それでもホーム幅はけっこうあり、狭苦しさは感じません。

水島臨海鉄道のレールは、少し西側でJR山陽本線とつながっており、ここで貨物列車が行き来しています。

 

駅名の由来

確認中。

歴史

旧三菱重工業専用線が1943年3月に設置されたのが前身です。長らく国鉄倉敷駅から500mほど離れた位置にありましたが、1981年4月1日に450mほど倉敷駅よりの現在位置に移設しました。本稿の1987年以前の記述は、曽我治夫「水島臨海鉄道」『鉄道ピクトリアル』電気車研究会、No.493(1988年3月臨時増刊号)、105-111ページによります。

なお、かつての駅名は「倉敷」で、のちに「倉敷市」と改称されましたが、その日付は確認中です。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》JR西日本-山陽本線:倉敷

2003年10月21日
2010年8月22日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲