堀端の風情が漂う駅

市ヶ谷

いちがや Ichigaya
市ヶ谷駅
▲市ヶ谷駅駅舎《2005年1月19日撮影》

STATION PROFILE

外堀が目の前に広がります

市ヶ谷駅ホーム
【写真1】市ヶ谷駅ホーム。《2010年5月4日撮影》

中央総武緩行線(各駅停車)のみにホームが設けられている駅で、外堀の内側、掘り込みの途中に島式ホームが設けられています。外堀沿いの駅には複数の出口が設けられている駅が多い中、ここ市ヶ谷は1カ所のみとなっています。

駅の南東側に駅舎があり、跨線橋で連絡しています。現在の駅舎には2階にコーヒーショップが同居しており、多用途の建造物に飲み込まれているように見えます。

朝のコンコースは大混雑に

市ヶ谷駅駅舎内
【写真2】市ヶ谷駅駅舎内。《2010年5月4日撮影》

駅の近くには、三島由紀夫の自殺で有名となった自衛隊市ヶ谷駐屯地があるほか、法政大学や東京理科大学など大学が多く立地しています。また、マスメディア各社を中心とした企業の本拠地が多く、独特の雰囲気を帯びたビジネス街が形成されています。

駅脇の外堀は釣り堀となっているほか、線路沿いの桜並木は春になるとみごとな風景を作り上げます。

停車列車 [2014年5月現在]

各駅停車のみが停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.中央・総武緩行線 新宿、三鷹方面
  • 2.中央・総武緩行線 錦糸町、千葉方面

駅名の由来

確認中。

歴史

1895年3月、当初から旅客専用駅として開業しました。

  • 【1895年3月6日】 開業。

周辺の見どころ

千鳥ヶ淵

駅から南東へ、徒歩10分。東京地下鉄-半蔵門線:半蔵門を参照のこと。