国立競技場へはここから

千駄ヶ谷

せんだがや Sendagaya
千駄ヶ谷駅
▲千駄ヶ谷駅駅舎《2003年5月3日撮影》

STATION PROFILE

臨時ホームがあります

千駄ヶ谷駅ホーム
【写真1】千駄ヶ谷駅ホーム。《2013年11月23日撮影》

首都高速の下に設置されている駅です。

駅正面からはわかりにくいのですが、ホームそのものは高架上にあります。通常は島式ホーム1面2線が使われていますが、このほか南側には臨時ホームが設置されています。

国立競技場の最寄り駅でもあります。

停車列車 [2014年5月現在]

各駅停車のみが停車します。

乗り場

南側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.中央・総武緩行線 新宿、三鷹方面
  • 2.中央・総武緩行線 御茶ノ水、千葉方面

駅名の由来

千駄ヶ谷の名称は、かつてこの一帯が見渡すかぎりの茅野原だったからとも、また太田道灌がこの地を巡見した際に谷間に栽培されている稲が千駄もあったからともいわれます[1]

歴史

詳細は確認中。

  • 【1904年8月21日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。


  1. 渋谷区Webページ「地名の由来」(2014年5月20日確認)。
2014年5月20日(最終更新)

このページの先頭へ