踏切に挟まれた駅舎

東秋留

ひがしあきる Higashiakiru
東秋留駅
▲東秋留駅駅舎《2005年1月10日撮影》

STATION PROFILE

自転車が利用者の多さを物語る

島式ホーム1面2線から成る駅です。ホームはゆったりとした幅広のもので、武蔵五日市側のホーム端に改札があり、その脇に駅事務室があります。駅の出口は、ホームと同様、上下両線の間にはさまれる格好になっており、ここから踏切を渡って、駅の北および南へ移動します。駅へ出入りする通路は、自動車通行止めになっています。駅出口の真正面に、かつては営業していたと思われるパン屋の看板を備え付けている空き店舗がありましたが、シャッターを下ろしてからかなりの時間が経っているようです。

駅の北側にはロータリーがあり、タクシーが常駐しているほか、北側へと向かう斜面上には商店街が形成されていました。駅の南側は住宅地になっています。いずれにも、自転車駐輪場が整備されており、びっしり埋まっていました。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1925年4月21日】 開業。

周辺の見どころ

二宮神社・二宮考古館【未訪】

コメント準備中。

2005年1月12日

このページの先頭へ