川崎の新しい産業拠点

新川崎

しんかわさき Shinkawasaki
新川崎駅
▲新川崎駅《2004年11月5日撮影》

STATION PROFILE

 

新川崎駅ホーム
【写真1】新川崎駅ホーム。《2004年11月5日撮影》

廃止された鶴見操車場跡地に隣接している駅です。島式ホーム1面2線から成る駅で、駅舎は橋上に設置されています。玄関と同じ高さの人工地盤上に駅前広場があり、タクシーが多数常駐しています。したがって、周辺からは坂を上って駅へアプローチすることになります。

周囲は工場と住宅が混在していますが、駅の南東には「パークシティ新川崎」があり、高層のインテリジェントビルが林立しています。南武線の鹿島田駅がほぼ真東にあり、徒歩連絡可能です。ただし横須賀線にも武蔵小杉駅が設置された現在、乗換駅としての機能は失われています。

停車列車 [2010年3月現在]

湘南新宿ラインの列車および横須賀線電車が停車します。

乗り場

  • 1.下り 横浜、大船方面
  • 2.上り 品川、東京、大崎、新宿方面

駅名の由来

確認中。

歴史

横須賀線電車が、品川-鶴見の通称“品鶴線”を経由する際に設置された駅です。開設当初は、東洋一の規模とうたわれた鶴見操車場の一角にありましたが、同操車場は全国規模で貨物輸送の合理化が行われた1984年2月に廃止されています。

  • 【1980年10月1日】 開業。
  • 【1987年4月1日】 国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

周辺の見どころ

夢見ヶ崎動物公園【未訪】

駅から南西へ徒歩12分。コメント準備中。

2014年5月5日(最終更新)

このページの先頭へ