西鹿島駅
▲西鹿島駅駅舎《1994年9月9日撮影》

大きな三角形のファサードが目を引く駅舎を持つ。ホームは2面対向式で、このほかに側線が用意されており構内は広い。車両基地が併設されており、列車が頻繁に行き来している。天竜浜名湖鉄道線の乗り場は、地下道を通った先の片面ホーム。

歴史

大日本軌道浜松支社が経営する軽便鉄道の中間駅として開業し、遠州軌道(のち、遠州電気軌道)へ譲渡ののち、1923年4月1日には狭軌改軌および電化のうえ、浜松市(後の遠州浜松→廃止)-二俣町(後の遠州二俣→廃止)全線が鉄道に変更された。1925年4月8日には浜松軌道(→浜松電気鉄道)に譲渡。1937年度(一説には1940年)に、国鉄二俣線開業に伴い、西鹿島-遠州二俣が廃止になり、国鉄との連絡駅となる。1943年11月1日には遠州電気鉄道と合併して遠州鉄道となり、現在にいたる。

周辺の見どころ

特になし。

その他

《乗り換え》天竜浜名湖鉄道

2004年9月23日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲