大通公園西部へのアクセス駅

西11丁目

にしじゅういっちょうめ Nishijuitchome
西11丁目駅
▲西11丁目駅1番出口《2012年2月11日撮影》

官公庁が多く立地

西11丁目駅ホーム
【写真1】西11丁目駅ホーム。《2012年2月11日撮影》

札幌市資料館から東へと延びる大通公園西部へのアクセス駅です。地下2階に島式ホーム1面2線が設けられ、コンコースは地下1階にあり改札口は中央に1個所と、地下鉄としては標準型といえるつくりになっています。

駅を出るとすぐに大通公園となるため、さっぽろ雪まつりのシーズンなどは多くの利用者でごった返すことになる駅のひとつです。大通公園の北側には合同庁舎や裁判所が立地しているほか、駅の南側には事務所の入ったビルがびっしりと建ち並んでいます。

なお、駅のすぐ南側に市電の中央区役所前電停があり、乗り継ぎ指定駅となっています。大通駅と西4丁目電停の間に比べて人通りが少ないため、こちらを利用するほうが便利なケースもありそうです。

乗り場

北側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.東西線 大通、新さっぽろ方面
  • 2.東西線 琴似、宮の沢方面

駅名の由来

確認中。

歴史

地下鉄東西線が最初に開業した際に設置された駅です。

1976年6月10日
札幌市営地下鉄東西線の琴似-白石間が開業した際、西11丁目駅開業。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ