貨物側線が多数

根岸

ねぎし Negishi
根岸駅
▲根岸駅《2007年9月2日撮影》

STATION PROFILE

ここでは貨物がまだまだ元気

根岸駅ホーム
【写真1】根岸駅ホーム。《2007年9月2日撮影》

山手駅からトンネルを抜けると、根岸線は西側へと向きを変えて神奈川臨海鉄道の貨物線と並行して進み、巨大なタンク群を目にしながら、根岸駅に至ります。

地平に島式ホーム1面2線が設けられていますが、このほかに貨物側線が多数あり、構内は非常に広くなっています。

駅舎はホームから離れた地平にあり、エスカレータおよび階段で連絡しています。駅舎の軒先には、海の波をかたどったとみられる波形の屋根が設置されています。駅前にはバスターミナルが整備されており、駅の北側には高層マンションが多く建っています。一方、駅の南側は化学工場を中心とした一大工業地域となっています。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

根岸線開通時に開業した駅です。

  • 【1964年5月19日】 開業。

周辺の見どころ

横浜市電保存館

駅から市バスで7分。100円、月休。コメント準備中。 [Google Map] [Mapion]

【WebSite】http://www.kyouryokukai.or.jp/ciden/

2014年5月15日

このページの先頭へ