住宅がびっしり建ち並ぶ中にある無人駅

鶴見小野

つるみおの
Tsurumiono
鶴見小野駅
▲鶴見小野駅下り駅舎《2003年6月14日撮影》
鶴見小野駅ホーム
【写真1】鶴見小野駅ホーム。《2010年10月23日撮影》

鶴見線は国道の先で鶴見川を渡ると、右へとカーブし、鶴見小野駅に到着します。

相対式ホーム2面2線から成る地平駅で、上下ホームのそれぞれ鶴見方に別々の駅舎が設けられています。下りの駅舎のほうがはるかに立派ですが、鶴見線のほかの駅と同様に無人化されており、自動券売機とSuica対応簡易改札機があるのみです。

鶴見小野駅上り駅舎
【写真2】鶴見小野駅上り駅舎。《2010年10月23日撮影》

鶴見線の中では珍しく、商店街や住宅のなかに位置しており、うらぶれた雰囲気はありません。元私鉄らしさを感じさせる簡便な施設には、南武線と共通するものがあります。

鶴見小野駅のすぐ南側に産業道路が通っており、この先でいよいよ工業地域の中に入っていきます。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【鶴見線】 鶴見国道鶴見小野弁天橋浅野安善武蔵白石浜川崎昭和扇町

2014年5月8日、写真を追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲