内陸の住宅地にある駅

衣笠

きぬがさ Kinugasa
衣笠駅
▲衣笠駅駅舎《2005年4月10日撮影》

STATION PROFILE

明るい印象の駅舎

島式ホーム1面2線島式から成る駅で、どっしりした平屋の駅舎を構えています。駅舎は横にずっと長く、広い軒とすっきりした屋根がスマートな印象を与えます。軒を支える柱が時代を感じさせるものの、横須賀線の他駅にみられる重厚な雰囲気ではなく、明るい印象を受けます。軒上の小窓が、いいアクセントになっています。

駅前は大きなロータリーとなっており、タクシーがびっしり停まっていました。田浦や横須賀と異なり、駅のすぐ近くに商店街が形成されているため、人の出入りが多く活気がありました。

駅名は「きぬがさ」ですが、周辺の地名には「きぬかさ」が多く使われているようです。周囲は住宅地となっており、起伏の激しい三浦半島の襞に張り付くように、分譲住宅がびっしりと並んでいます。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1944年4月1日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年6月30日

このページの先頭へ