生島足島神社への参詣駅

下之郷

しものごう
Shimonogo
下之郷駅
▲下之郷駅全景《2005年11月6日撮影》
下之郷駅駅本屋
【写真1】駅本屋は島式ホームの中に、屋根に守られるようにあります。本屋側面左側の扉は待合室に、中ほどの扉は事務室に通じています。《2005年11月6日撮影》

下之郷は、別所線の運転上の拠点となっている駅です。南へ進んできた別所線は、この下之郷で向きを再び西へ変え、別所温泉へと向かいます。

他社線連絡駅である上田を除き、唯一職員が配置されています。島式ホームとなっており、駅本屋はその中にあります。駅本屋の上に屋根があり、また生島足島神社への参詣客を見込んで朱色のアクセントを施しているため、貴重物件が大事に守られているように見えます。

下之郷駅ホーム
【写真2】交換可能駅なので列車交換が行われるほか、乗務員もここで交替します。《2005年11月6日撮影》

駅本屋のうち入口側が待合室となっており、二列に並んだ木のベンチには座布団が置かれています。寒い季節になると、待合室のストーブが暖かく、なんともほっとします。人の手が入っている駅ならではの、ゆったりした雰囲気を味わえる駅です。自動券売機がなく、現在でも硬券の乗車券が窓口で販売されています(駅本屋入口近くにある機械は、タバコの自動販売機です)。

本屋の上にある屋根を支える柱は古いレールを転用した物です。

下之郷駅車両基地
【写真3】下之郷駅から移転してきた車両基地があります。写真正面にある屋根付き車庫の後ろにも車両が留置されています。《2005年11月6日撮影》

城下、上田原につぐ交換可能駅ですが、この先には列車交換可能な駅はまったくありません。別所線で増発を試みる場合にネックとなりそうですが、実際の需要を考えれば、現状でも供給過剰気味のように感じられます。

乗務員も、ここで交替するのが基本になっているようです。

旧西丸子線乗り場跡
【写真4】かつて分岐していた西丸子線のホームと駅舎の跡が残り、レールは留置線として、駅舎は倉庫として使われています。《2005年11月6日撮影》

車両基地には、現役の電車が休んでいるのはもちろん、かつて本線上を走っていた旧型車両が倉庫として使われています。

また、駅の東側には、かつて分岐していた西丸子線のホームと駅舎の跡が残っています。

駅東側には、砂利が敷き詰められた広いスペースがあり、生島足島神社へ通じる参道につながっていますが、駅名表示などは特にみられません。神社周辺の集落自体はさして大きいものではありませんが、工業団地への送迎バスの発着拠点であり、通勤客の利用が多いようです。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

生島足島神社

コメント準備中。 [Google Map] [Mapion]

【別所線】 上田城下三好町赤坂上上田原寺下神畑大学前下之郷中塩田塩田町中野舞田八木沢別所温泉

2005年11月19日

▲ このページの先頭へ ▲