静かな農村の玄関口

鮎川

あゆかわ
Ayukawa
鮎川駅
▲鮎川駅駅舎正面《2012年10月21日撮影》
鮎川駅ホーム
【写真1】鮎川駅ホーム。《2012年10月21日撮影》

子吉の先では峠越えの区間になり、両脇に森林が迫る中を進んでいきます。再び左右が開けて水田が並ぶようになると、ほどなく鮎川に到着します。

鮎川駅より駅舎を望む
【写真2】鮎川駅より駅舎を望む。《2012年10月21日撮影》

ホームと駅本屋の間にはスペースがあります。かつてはホームが島式で、駅本屋側には側線があったのではと思われます。

鮎川駅駅舎内
【写真3】鮎川駅駅舎内。《2012年10月21日撮影》

駅舎は薬師堂と同様、内部に待合スペースがあるのみの簡素なものです。ただし、薬師堂のように玄関と垂直方向にホーム出入口があるのではなく、動線は直線になっています。なお、駅舎に隣接して、小ぎれいなトイレが設置されています。

鮎川駅正面左手
【写真4】鮎川駅正面左手。《2012年10月21日撮影》

駅周辺はちょっとした集落になっており、駅前には小規模な個人商店と食堂、簡易郵便局などがあります。また、鮎川一帯は油田・ガス田の多い地域でもあります。

駅名の由来

確認中。

歴史

矢島線の前身に当たる横荘鉄道として開通した際に開業した駅です。

周辺の見どころ

旧鮎川小学校

駅から北西へ、徒歩12分。2004年に廃校になるまで使われ続けた、大柄の木造校舎を備えています。見学要事前問い合わせ。 [Google Map] [Mapion]

【鳥海山ろく線】 羽後本荘薬師堂子吉鮎川黒沢曲沢前郷久保田西滝沢吉沢川辺矢島

2013年10月2日

▲ このページの先頭へ ▲