熊本高専キャンパスのすぐ脇に

熊本高専前

くまもとこうせんまえ Kumamotokosemmae
熊本高専前駅
▲熊本高専前駅《2012年3月10日撮影》

 

熊本高専前駅より南側を望む
【写真1】熊本高専前駅より南側を望む。《2012年3月10日撮影》

黒石を過ぎると、菊池線の線路は国道387号線にぴったりと寄り添うようになります。この並行区間に入ると、駅間距離がぐっと短くなりますが、その最初の駅が、熊本高専前駅です。

駅名のとおり、熊本高専キャンパスのすぐ脇にあり、ホームからは、防風林越しに高専の寮が見えます。片面ホームがあるのみのシンプルな無人駅です。

駅の開業当初は「熊本電波工業高専」でしたが、2009年に八代にある八代工業高専と統合され「熊本高等専門学校」に再編されています。駅名変更はそれより遅く2013年に入ってからですが、なぜか3月31日という中途半端なタイミングでの改称でした。

逆に、高専以外の住宅などは駅周辺にはごく少なく、九州沖縄農業研究センターという研究機関およびその寮がある程度です。

駅名の由来

特記事項なし。

歴史

新しい駅です。

1995年1月9日
「電波高専前」駅開業。
2013年3月31日
駅名を「熊本高専前」に変更[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 熊本電気鉄道プレスリリース「駅名変更のお知らせ」 (2013年3月2日)。

このページの先頭へ