バイパスの高架橋下に設けられた駅

新須屋

しんすや
Shinsuya
新須屋駅
▲新須屋駅《2012年3月10日撮影》
新須屋駅を線路の反対側より望む
【写真1】新須屋駅を線路の反対側より望む。《2012年3月10日撮影》

堀川を出ると、菊池線の線路は向きを北東側に変え、合志市に入ると一時的にですが並行道路から離れます。

新須屋駅は片面ホームのみの何ということもない無人駅ですが、1980年に開業した新しい駅とはいえ、ホームはコンクリート造の立派なものです。駅の真上には国道3号線のバイパスが横切っており、駅を出ると高架下の駐輪場への通路も含めて、階段とスロープが複雑にルートを描いています。

なお、駅の北側、すなわちホームから線路を挟んで反対側に行くには、跨線橋を上り下りする必要があり、駐車場もこちら側にあります。橋上駅舎等に比べて特に移動距離が長いわけではありませんが、見通しがよくホームが敷地外からよく見通せるだけに、やや面倒くささを感じさせる造りではあります。

駅の周辺には団地が建っているなど、住宅地が広がっています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【菊池線】 上熊本韓々坂池田打越坪井川公園北熊本亀井八景水谷堀川新須屋須屋三ツ石黒石熊本高専前再春荘前御代志

2013年4月21日

▲ このページの先頭へ ▲