津軽半島の拠点駅

蟹田

かにた
Kanita
蟹田駅
▲蟹田駅駅舎《2010年12月5日撮影》
蟹田駅ホーム
【写真1】蟹田駅ホーム。《2010年12月5日撮影》

津軽線の中核駅で、また同線内では唯一、特急列車が停車する駅です。

もともとは、津軽線という一ローカル線の駅に過ぎなかった蟹田駅ですが、青函トンネル開通に伴う輸送体系の大幅な変化に伴い、事実上JR東日本とJR北海道の境界駅となります。実際、旅客列車の乗務員はこの蟹田で交替します。

ただし正確には、営業ベースではひとつ北側にある中小国駅(JR東日本管理)が両社の境界駅となりますが、この駅は単なる棒線駅で、JR北海道の列車は一本たりとも停車せず、ここに停車するのは三厩方面へ向かう津軽線のローカル列車のみです。また、運転ベースではさらに北側にある新中小国信号場(JR北海道管理)が両社の境界駅ですが、ここは列車が停車しないだけでなく、営業上は認知されていない存在です。以上より、事実上の境界駅は蟹田といってよいでしょう。

ホーム2面3線が跨線橋で結ばれていますが、もともとローカル線の中間駅だった程度の駅が運転拠点になり、狭い用地で設備を拡充する必要が生じたこともあってか、ホームはかなり狭くなっています。

蟹田駅ホームにある太宰治『津軽』の一節
【写真2】蟹田駅ホームにある太宰治『津軽』の一節。《2010年12月5日撮影》

ホーム上には、太宰治『津軽』のなかで綴られた蟹田つてのは、風の町だね。と書かれた部分を採った碑――と呼んでよいのかどうかわかりませんが――があります。もっとも、津軽線が開通したのは太宰治物故後ですし、かつ『津軽』のなかには、ごていねいにさうして蟹田町は、その外ヶ浜に於いて最も大きい部落なのだ。青森市からバスで、後潟、蓬田を通り、約一時間半、とは言つてもまあ二時間ちかくで、この町に到着する。所謂、外ヶ浜の中心部である。という記述まであります。ちなみに、現在の青森-蟹田間は、特急列車で30分足らずです。

蟹田駅駅舎内
【写真3】蟹田駅駅舎内。《2010年12月5日撮影》

駅舎は木造平屋建てのものですが、新しく改築されたものです。内部も、ローカル線の木造駅舎らしい雰囲気は払拭され、清潔感漂う山小屋のようなインテリアになっています。出札窓口を兼ねた「みどりの窓口」のほか、自動券売機が1台設置されています。また、待合室は非常に広くゆったりとしており、列車待ちをする間も不快感を抱くことはまずないでしょう。なお、かつては駅構内に売店があった記憶がありますが、現在は姿を消しています。

蟹田駅駅前風景
【写真4】蟹田駅駅前風景。《2010年12月5日撮影》

蟹田駅は外ヶ浜町の中心部に近いこともあって、それなりに人家が多く集まっていますが、駅前はいささか寂しい印象を受けます。駅からすぐのところに、町営の待合所と、蟹田駅前市場「ウェル蟹」なる施設があり、ここで地元の物産を販売しています。施設に張られていた掲示物によると、原子燃料サイクル事業推進特別対策事業の一環として整備されたものとのことです。

蟹田駅西側
【写真5】蟹田駅西側。《2010年12月5日撮影》

駅のすぐ脇には自由通路となっている跨線橋があり、ホーム間を結ぶ跨線橋と一体化しています(もちろん、通路内では改札内外で仕切られています)。自由通路を通って裏手に出ると、こちらは県道12号線を迂回する道路が通っているのみで、いささか寂しい空間になっています。ただ、出口すぐの所に広い駐車場が用意されているため、パークアンドライド的に利用されているのかもしれません。

停車列車 [2010年12月現在]

夜行列車を除く全列車が停車します。

乗り場

東側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線、3番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

戦後に開通した区間の駅で、終着駅だった時期もあります。

周辺の見どころ

確認中。

【津軽線】 青森油川津軽宮田奥内左堰後潟中沢蓬田郷沢瀬辺地蟹田中小国太平津軽二股大川平今別津軽浜名三厩

2010年12月8日、写真を追加のうえ加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲