細いホームが長く伸びる無人駅

中沢

なかさわ
Nakasawa
中沢駅
▲中沢駅《2012年10月19日撮影》
中沢駅構内
【写真1】中沢駅構内。《2012年10月19日撮影》

青森市と蓬田村のちょうど中間部分に設けられている駅です。津軽海峡線の工事が行われる前は1面1線の棒線駅だった[1]ものを拡張しているため、ホームはいずれも非常に狭くなっています。

中沢駅ホーム
【写真2】中沢駅ホーム。《2012年10月19日撮影》

写真のとおり2面3線から成り、貨物列車の行き違いや待避などに使われる駅です。上り線の入る1番ホームにのみ待合室があり、細い島式ホームとの間は跨線橋で連絡しています。

中沢駅出口
【写真3】中沢駅出口。《2012年10月19日撮影》

駅の東側には小規模な集落がありますが、駅周辺の人口が特に多いわけではなく、駅前にもそれらしい雰囲気はありません。

停車列車 [2013年12月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線、3番線となります。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。


  1. 『国鉄全線各駅停車 3 奥羽・羽越400駅』1984年、小学館、103ページ。

【津軽線】 青森油川津軽宮田奥内左堰後潟中沢蓬田郷沢瀬辺地蟹田中小国大平津軽二股大川平今別津軽浜名三厩

2014年4月1日

▲ このページの先頭へ ▲