この付近で海峡線が分かれます

大平

おおだい
Odai
大平駅
▲大平駅《2011年11月18日撮影》
大平駅ホーム
【写真1】大平駅ホーム。右側(東側)に車庫があります。《2011年11月18日撮影》

JR東日本の津軽線、JR北海道の海峡線は、旅客営業上では中小国駅が境界になっていますが、実際の運転上では新中小国信号場が境界になります。もっとも、新中小国信号場から先も両線のレールはほぼ並行して進んでいるため、平行する道路から見ると単なる線増にしか見えない区間が続きます。

海峡線が大きく右へカーブを描いて津軽線から離れるようになると、ほどなく大平駅に到着します。地図を見ると海峡線はなかなかの急カーブになっていることがわかりますが、北海道新幹線はこの大平駅以南では別線で津軽半島を縦断、ここから海峡線に合流する予定になっています。

大平駅より蟹田方を望む
【写真2】大平駅より蟹田方を望む。島式ホームとすることを前提にしていたと思われます。背後には海峡線が見えます。《2011年11月18日撮影》

現在の大平駅は、片面ホーム1面1線から成っています。線路は駅の前後で屈曲しており、かつては島式ホーム1面2線として列車交換が可能な配線にすることが想定されていましたが、津軽線の輸送需要を考えると、ここに設置するメリットはあまり感じられません。

ホームを挟んで線路の反対側には車庫があり、車両を収容できるようになっています。

大平駅駅舎を乗り場側から望む
【写真3】大平駅駅舎を乗り場側から望む。《2011年11月18日撮影》

駅舎はコンクリート造の簡素なものがポツンと置かれていますが、当然無人で、待合室機能のみとなっています。ホームから駅舎へいたるルートはずっと未舗装で、雨や雪の後には足場が悪くなります。駅前への通路はいちおう舗装されていますが、痛みがひどく、靴によっては歩行に難儀するかもしれません。

駅周辺には民家は1軒あるのみで、西側へ少し離れたところに小集落が形成されています。当然、駅前には商店などはありませんが、目の前の国道の通行量は多くなっています。

駅名の由来

確認中。

歴史

津軽線全通時に設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【津軽線】 青森油川津軽宮田奥内左堰後潟中沢蓬田郷沢瀬辺地蟹田中小国太平津軽二股大川平今別津軽浜名三厩

2002年1月5日

▲ このページの先頭へ ▲