海峡線にはそっぽを向かれて

津軽二股

つがるふたまた
Tsugarufutamata
津軽二股駅
▲津軽二股駅《2011年11月18日撮影》
津軽二股駅ホーム
【写真1】津軽二股駅ホーム。右手に「道の駅」が見えます。《2011年11月18日撮影》

大平の先で、津軽線は人跡稀なる小国峠を越えていきます。進めど進めど山林ばかりが続く区間ですが、川が形成した沢に沿って行くため、案外退屈しません。比較的長いトンネルを越えて今別町に入り坂を下り、右側に海峡線が見えてくるようになると、津軽二股駅に到着します。

島式ホーム1面1線があるのみのシンプルな無人駅です。かつては今別とほぼ同型の駅舎がありましたが現在ではなく、駅の西側に隣接して設けられた「道の駅いまべつ」が事実上の待合場所となっています。なお、道の駅ではJRの乗車券類は販売しておらず、車掌から切符を買うことになります(津軽線はワンマン化されていません)。

津軽二股駅入口
【写真2】津軽二股駅入口。正面階段は、海峡線の津軽今別駅へと続きます。《2011年11月18日撮影》

駅の入口には踏切があり、その先には築堤への登り口があります。ここを登ると、海峡線の津軽今別駅にいたります。双方はまったく別の駅で乗換駅とはなっておらず、旅客営業上も両者を同一とみなす特例(選択乗車など)は存在しませんが、相互の乗り換えは2分もあれば十分です。もっとも、木古内方面と蟹田方面の連絡は取られておらず、乗換駅として機能していないのも確かではあります。

駅の入口には「津軽二股駅」の表示がありますが、築堤上にある津軽今別駅に関する案内はありません。そのいっぽう、築堤上には「津軽今別駅」と大書されており、遠目には津軽二股駅は無視された形になっています。いずれにせよ、両駅共通といえる大きい駅前広場が設けられており、公園とトイレ、駐車場が整備されています。二股の集落は駅の南側に位置しており、駅前広場からは家などは見当たりません。

駅名の由来

この地を流れる今別川に支流が合流しており、そこに集落が形成されたことから付いた地名と思われます。

歴史

津軽線全通時に設置された駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【津軽線】 青森油川津軽宮田奥内左堰後潟中沢蓬田郷沢瀬辺地蟹田中小国太平津軽二股大川平今別津軽浜名三厩

《乗り換え》JR北海道-海峡線:津軽今別

2012年1月11日

▲ このページの先頭へ ▲