商店街を横切る高架駅

天王町
てんのうちょう
Tennocho

天王町駅

 西横浜を出ると、相鉄線は東海道本線と分かれて右へカーブを切り、高架になって直線に入り、ほどなく天王町駅に到着します。保土ヶ谷地区の第二の玄関駅といえ、横浜と二俣川のあいだの中間駅としては、鶴ヶ峰に次ぐ乗降客数があります。

 相鉄には珍しい高架駅で、本線で高架上にホームが設けられているのは、横浜と天王町のみです。相対式ホーム2面2線から成り、地平にある改札口へ階段が通じています。

天王町駅ホーム

天王町駅ホーム。下り線を、海老名行きの急行列車が通過しているところです。《2008年8月16日撮影》

 改札口は1個所のみです。暖色系のカラーリングと間接照明を多用することの多い最近の相鉄の駅とは異なり、やや渋いアイボリーカラーのタイルや壁面など、昭和時代の東京近郊私鉄駅に典型的な風景がそのまま残されています。私が2008年8月に下車したときには改修予定なども特にないようで、両ホームともにエレベータが設置され最低限のバリアフリー設備が用意されたことを考えると、このまましばらく放置状態なのかもしれません。

天王町駅改札口

天王町駅改札口。床面のタイルなどに古めかしさを残しています。《2008年8月16日撮影》

 駅の北側は、帷子川までの短い道路の両側に飲食店がびっしりと建ち並んでおり、その先は住宅地になっています。

天王町駅南口

天王町駅南口。こちらのほうが整備されています。《2008年8月16日撮影》

 いっぽう南側は、駅脇にコープの店舗が立地するほか、小規模ながら駅前のスペースが整備され、路線バスが発着しています。大企業のシンクタンクなどが多数入居する横浜ビジネスパーク(YBP)が近く、ビジネスマンの利用も見られます。

停車列車 [2008年8月現在]

 急行・快速は通過します。

乗り場

 南側から順に、1番線、2番線となります。

駅名の由来

 確認中。

歴史

 神中鉄道が北程ヶ谷(現在の星川)-西横浜を開通させたのちに設置された駅です。

周辺の見どころ

 コメント準備中。

2008年8月20日、写真を追加のうえ加筆修正

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2008 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.