棒線駅化されています

庶路

しょろ Shoro
庶路駅
▲庶路駅駅舎《2003年10月24日撮影》

かつてのホーム跡が残ります

庶路駅旧ホーム跡
【写真1】庶路駅旧ホーム跡。《2003年10月24日撮影》

無人化後に建てられたと思われる、新しい簡素な駅舎を備えています。

1面1線のみの棒線駅です。もとは相対式ホーム2面2線だったことがうかがえますが、駅本屋と反対側のレールははがされており、両ホームを結んでいた跨線橋は駅の南北を結ぶ自由通路と化していました。

古い炭鉱を背景に栄えた地域ですが、現在ではその面影は感じられませんでした。

停車列車

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1901年7月20日
北海道官設鉄道によって白糠-釧路間が開業し、庶路駅開業。
1905年4月1日
北海道官設鉄道が官設鉄道(逓信省鉄道作業局)に継承されます。
1971年10月1日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ