ここにも残るコンクリート駅

社家

しゃけ Shake
社家駅
▲社家駅駅舎《2006年5月6日撮影》

STATION PROFILE

ホームは単純な島式

社家駅ホーム
【写真1】社家駅ホーム。《2006年5月6日撮影》

島式ホーム1面2線から成る交換可能な地平駅で、ホーム東側にある駅本屋とは、橋本方にある跨線橋で連絡しています。駅の西側には側線が1線ありますが、これはかつてこの駅が砂利搬出の拠点貨物駅だった当時の名残で、現在ではほとんど使われていないようです。JR東日本の直営駅ですが「みどりの窓口」はありません。

駅の周辺は田園地帯となっていますが、工場や住宅も見られます。社家という地名は、神官の居宅がこの地にあったことに由来します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

相模鉄道が倉見から厚木まで1926年7月に延長された際、中間駅として開業しました。貨物営業は1962年5月末かぎりで廃止されています。

  • 【1926年7月15日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2006年6月9日(最終更新)

このページの先頭へ