吉松

よしまつ
Yoshimatsu
吉松駅
▲吉松駅駅舎《2000年1月28日撮影》

肥薩線と吉都線との分岐駅です。

列車を蒸気機関車が牽引していた時代には、急峻な山越えをする前後の拠点駅として、多くの職員が常駐していました。駅構内も非常に広く、多数の列車が行き来していたさまがうかがえます。現在は大きな構内を完全に持てあましており、長大ホームや立派な鉄筋2階建ての駅舎も分不相応にしか見えません。長らく、隼人方面に多数の側線が広がり、蒸気機関車時代を彷彿とさせる各種の施設が残っていましたが、2005年3月に訪問した際には、それらの多くは消え失せていました。

駅周辺は、人家が散在しているものの市街地の体をなしていません。霧島連山をよく望める位置にあり、近くには峠越えをしていた蒸気機関車が保存されています。吉松町役場を中心とした市街地は、駅の東側を流れる川内川の対岸に広がっています。

停車列車 [2013年9月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

その他

【肥薩線】 八代坂本葉木鎌瀬瀬戸石海路吉尾白石球泉洞一勝地那良口西人吉人吉大畑矢岳真幸吉松栗野大隅横川植村霧島温泉嘉例川中福良表木山日向山隼人

2003年10月18日
2005年4月2日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲