院内 【未乗降】

いんない Innai

 写真準備中 

 

駅舎に「院内銀山異人館」を併設。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1904年10月21日
新庄-院内が開通し、一般駅として院内駅開業。
1905年7月5日
院内-湯沢が開通し、中間駅となります。
1976年3月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
1988年2月
火災により駅舎焼失[1]
1989年4月8日
「院内銀山異人館」を併設した新駅舎の供用開始[2]
2018年8月31日
大雨による水害に伴い、奥羽本線・新庄-院内間が運休。
2018年9月15日
奥羽本線・真室川-院内間が復旧、運転再開。

周辺の見どころ

確認中。

その他

  • 「東北の駅百選」(国土交通省東北運輸局)選定駅。
  1. 『鉄道ジャーナル』No.273(1989年7月号)鉄道ジャーナル社、124ページ。
  2. 前掲書。

このページの先頭へ