新幹線開通により巨大な橋上駅に

熊谷

くまがや Kumagaya
熊谷駅
▲熊谷駅北口《2011年4月10日撮影》

STATION PROFILE

在来線ホームはずいぶん暗く

熊谷駅ホーム
【写真1】熊谷駅ホーム。《2011年4月10日撮影》

夏の暑さで有名となっている熊谷市の中心駅である熊谷は、東北新幹線の駅が設けられており、高架ホームが異様を誇っています。その一方、在来線は地平ホームのままで高架下に位置しているため、ずいぶん暗い駅という印象があります。

コンコースは駅ビルと一体化

熊谷駅コンコース
【写真2】熊谷駅コンコース。《2011年4月10日撮影》

在来線と新幹線に挟まれるような巨大な橋上駅舎が設けられています。JR化直後に建てられた地上7階建ての駅ビル「アズ熊谷」が隣接しています。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

戦後かなり経過してからの駅です。なお、同駅開業に先立ち、それまでの秩父鉄道行田駅は「行田市」駅と改称しています。

  • 【1883年7月28日】 開業。
  • 【1987年4月23日】 駅ビル「アズ熊谷」開業。

周辺の見どころ

確認中。

《乗り換え》秩父鉄道-秩父本線

2014年6月14日

このページの先頭へ