駅が先で街が後で

越谷レイクタウン

こしがやれいくたうん
Koshigayalaketown
越谷レイクタウン駅
▲越谷レイクタウン駅北口《2008年3月22日撮影》
越谷レイクタウン駅ホーム
【写真1】越谷レイクタウン駅ホーム(府中本町方面行きホームより西方を望む)。《2008年3月22日撮影》

大規模な開発が行われる「越谷レイクタウン」の玄関口として設置された駅です。開発途上でまず駅を開業させ、しかるのちに商業施設と住宅の建設を進めるという流れになっています。

高架上に相対式ホーム2面2線が設けられており、ホームは地上2階、改札口およびコンコースは地上1階にあります。バリアフリー完備なのは当然として、ホーム幅がゆったりしており、両ホームそれぞれに待合室が設けられるなど、首都圏の新設駅としてはなかなか贅沢なつくりです。ホーム上の屋根は幌状になっていますが、遠目には素材が何かは確認できませんでした。

越谷レイクタウン駅改札
【写真2】越谷レイクタウン駅改札。有人改札はオープンカウンター式となっています。《2008年3月22日撮影》

地上の有人改札は、つくばエクスプレスの各駅で見られるような、オープンカウンターを透明なガラスで覆ったもので、自動改札機を通れない場合などにバリアを設けることなく行き来できるようになっています。なお「みどりの窓口」はなく、有人改札は出改札機能のみを担当しています。このほか、改札内コンコースの行き先案内は、方向が明確で文字や色彩も読み取りやすく、デザイン面での配慮が行き届いていました。

高架下の改札口を出ると、正面左手に北口、右手に南口の2つの出口があります。

北口には広いロータリーが整備されており、すでに周辺道路との接続も済んでいて鉄道利用者を送迎する自家用車なども見られます。2008年秋にオープンする予定の大規模商業施設「イオン」のほか、高層マンションも建っています。開業直後は駅前に見られる人の多くが建設関係者でしたが、今後客層が大きく替わっていくことは確実でしょう。

越谷レイクタウン駅南口
【写真3】越谷レイクタウン駅南口。まだ自動車が入れる態勢にはなっていませんでした。《2008年3月22日撮影》

いっぽうの南口は、駅を出てすぐのところが整備されているものの、周囲は更地ばかりで、そもそも自動車が入れる状態にはなっていません。商業施設などは北口に立地することから、開発のプライオリティで下位になっていたためでしょう。

レイクタウンは、独立行政法人都市再生機構によって、洪水防止調整池と都市型住宅地を同時に開発するという、きわめて大規模な事業として造成されているものです。エリア面積は駅の南北約225ヘクタール、2013年を目標に7,000戸・2万2,400人の街づくりを目指している[1]とのこと。

乗り場

 南側から順に、1番乗り場、2番乗り場となっています。

駅名の由来

レイクタウンの名称は、増水時に元荒川の水を引き入れ中川に排出する、洪水調整の機能を持つ「大相模調節池」を囲んで住宅開発をするため[2]に命名されました。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。


  1. 埼玉新聞「越谷レイクタウン 15日街開き 治水 住宅 全国初の一体化 武蔵野先進駅も開業」(2008年3月15日)の記述による。
  2. 前掲資料による。

【武蔵野線】 府中本町北府中西国分寺新小平新秋津東所沢新座北朝霞西浦和武蔵浦和南浦和東浦和東川口南越谷越谷レイクタウン吉川吉川美南新三郷三郷南流山新松戸新八柱東松戸市川大野船橋法典西船橋

2008年4月8日

▲ このページの先頭へ ▲