高架線どうしが立体交差

東松戸

ひがしまつど
Higashimatsudo
東松戸駅
▲東松戸駅《2007年6月23日撮影》
東松戸駅ホーム
【写真1】東松戸駅ホーム。《2007年6月23日撮影》

高架上に相対式ホーム2面2線があり、地平に改札が設けられるという、武蔵野線の駅としてはごくスタンダードなスタイルの駅です。北総線との乗換駅で、北総線が武蔵野線をオーバークロスする形になっています。

武蔵野線の他社線との乗換駅では、その大半が他社線既存駅と異なる駅名でしたが(東武朝霞台駅に対して北朝霞、新京成八柱(やばしら)駅に対して新八柱、など)、この駅は先に開業した北総・公団線(現在の北総線)に合致させた駅名となっています。

武蔵野線のホームは2階、改札は1階にありますが、これと交差する北総線は改札が2階、ホームが3階にあります。したがってこの両線を乗りかえる際には、かなりの上下移動を伴います。もっとも、実際の旅客流動では両線を乗りかえる需要がさほど多いとも見えず、ひとまずバリアフリーに対応させればそれでよしという施設のようにも見えます。

東松戸駅南西側出口
【写真2】閑散としている東松戸駅南西側出口。《2007年6月23日撮影》

駅そのものが1990年代に入ってから設置された、武蔵野線の中でも特に新しい駅ということもあり、駅の周辺の開発はあまり進んでいません。それでも駅の北西側には大きなロータリーがありますが、駅のすぐ近くに空き地が広がっているなど、開発そのものが頓挫したとしか思えないところも少なくありません。実際、改札口を出て正面にあったNEWDAYS(JR東日本のコンビニ)が閉店するなど、鉄道会社側も需要を見誤っていたのでは、と思えます。

駅の周辺は基本的に畑作地帯で、その中にぽつぽつとマンションなどが建ち並び始めているというところです。

乗り場

駅名の由来

北総鉄道を参照のこと。

歴史

武蔵野線開通時には駅は設けられませんでしたが、北総開発鉄道(現・北総鉄道)が1991年3月31日に駅を設置したのち、地元の費用一部負担もあって1998年に開業しました。

周辺の見どころ

確認中。

【武蔵野線】 府中本町北府中西国分寺新小平新秋津東所沢新座北朝霞西浦和武蔵浦和南浦和東浦和東川口南越谷越谷レイクタウン吉川吉川美南新三郷三郷南流山新松戸新八柱東松戸市川大野船橋法典西船橋

《乗り換え》北総鉄道

2007年7月23日、写真を差し替えおよび追加の上加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲