何も見られない操車場跡地の新駅

吉川美南

よしかわみなみ
Yoshikawaminami
吉川美南駅
▲吉川美南駅西口《2012年9月2日撮影》
吉川美南駅ホーム
【写真1】吉川美南駅ホーム。《2012年9月2日撮影》

かつての武蔵野操車場跡地を再開発するにあたり、そのアクセス拠点として設置されたのが、吉川美南駅です。地平に2面3線となっており、上り(府中本町方面行き)が島式ホームとなっています。

吉川美南駅改札口
【写真2】吉川美南駅改札口。《2012年9月2日撮影》

橋上駅舎が設けられており、改札口はオープンカウンター式になっています。開業当初から「みどりの窓口」は設置されていません。

吉川美南駅東口駅前
【写真3】吉川美南駅東口駅前。《2012年9月2日撮影》

駅の東口には大規模なロータリーが整備されていますが、駅の周辺にはこれといった施設はなく、やや離れたところに家電量販店が立地しています。

吉川美南駅西口
【写真4】吉川美南駅西口。《2012年9月2日撮影》

いっぽうの西口にはほとんど何もない状態で、農地と空き地が広がっている状態です。

吉川美南駅西口駅前
【写真5】吉川美南駅西口駅前。《2012年9月2日撮影》

武蔵野線は、ここから新三郷の先まで、かつての武蔵野操車場跡地の再開発が進んでいる地域を進んでいきます。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

武蔵野線で最も新しい駅です。

周辺の見どころ

確認中。

【武蔵野線】 府中本町北府中西国分寺新小平新秋津東所沢新座北朝霞西浦和武蔵浦和南浦和東浦和東川口南越谷越谷レイクタウン吉川吉川美南新三郷三郷南流山新松戸新八柱東松戸市川大野船橋法典西船橋

2014年5月9日

▲ このページの先頭へ ▲