すぐ脇の工場に直結

北府中

きたふちゅう
Kitafuchu
北府中駅
▲北府中駅駅舎《2004年9月15日撮影》

島式ホームと橋上駅舎を構える、ごく平凡な地上駅です。西側に東芝府中工場が隣接しており、改札口を出ると右手が東芝工場専用通路となっています(関係者以外立ち入り禁止)。

東側は、南北に走る府中街道に面していますが、周囲にはあまり人家はなく、やや寂しい感じです。駅前にあるバス停留所には「東芝前」とあり、駅の存在感があまりにも希薄。

北西には府中刑務所があるほか、駅から真東に進むと、東京農工大学の農学部キャンパスが立地しています。また駅の南西側には、日鋼跡地の再開発でうまれたビジネスセンター、インテリジェントパークがあります。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

国分寺-東京競馬場前間の中央本線枝線が開業したのは1934年4月2日でしたが、同年11月16日に設けられた富士見仮信号所が、北府中駅の前身にあたります。この枝線は国分寺を出てから南へカーブし、現在の武蔵野線のルートを通って富士見仮信号所に至り、ここからやや南西へ進み(すなわち、現在の武蔵野線より少し西にズレます)、下河原へ向かう貨物線を分岐し、東京競馬場前へと向かっていました。富士見仮信号所は、戦時中の工員輸送が求められるようになったことを受け、1944年11月1日から東京芝浦電気の工場従業員限定で旅客の扱いを行いました。この際、東京芝浦電気保有の車両が担当したといいます。

富士見仮信号所は戦後廃止されましたが、1949年1月21日に仮乗降場として復活しました。1952年7月1日には、現在の北府中として改称のうえ信号場となり(旅客扱いは継続)、専用線発着の貨物の取扱も行うようになりました。さらに1956年9月1日なり、正規の駅に昇格しています。

1973年4月1日になると、東京競馬場前駅が廃止されるとともに、武蔵野線が府中本町-新松戸間が開業し、北府中駅は中央本線所属から武蔵野線所属になり、武蔵野線と下河原貨物支線の分岐駅となります。しかし、下河原貨物支線も、1976年9月19日かぎりで廃止され、北府中は単なる一中間駅となりました。

周辺の見どころ

武蔵国分寺跡

コメント準備中。

【武蔵野線】 府中本町北府中西国分寺新小平新秋津東所沢新座北朝霞西浦和武蔵浦和南浦和東浦和東川口南越谷越谷レイクタウン吉川吉川美南新三郷三郷南流山新松戸新八柱東松戸市川大野船橋法典西船橋

2004年9月17日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲